死が怖いのか 死の苦しみが怖いのか・・・

死が怖い人は、生に未練がある人
生きている人は皆そうだ
死の苦しみが怖い人も、生に未練がある人
生に未練が無いから死にたい
でも、死ぬ時苦しいから死ねない
そう言ってても、生きてるって事は未練があるのだ

人は、幸せな時に死にたいと思わない
本当は、幸せな時に死ねるのが一番良いのに、
どんなに不幸が続いても、最後さえ幸せであれば
その人生は、幸せな人生になると言うのに、
人は、幸せな時に、一番生への未練を残す
不幸な時ほど死にたいと思う
どんなに幸せな事が続いても、
死ぬ時不幸だったら、その人為は不幸になると言うのに、
人は、不幸な時ほど死にたがる
でも、本当は死にたがっているのではない
幸せになりたがっているのだ
そして生きたがっているのだ

死が怖いのか、
死の苦しみが怖いのか・・・
いずれにしても結論は同じである

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック