3カ月ぶり…

ここずっと忙しくて、こっちのブログの更新が全く出来ていない。 これからちゃんと更新!! ・・・といきたいところだが、当分こんな調子が続きそうだ。 このブログを頻度を上げて更新出来るのはいつになるだろうか? とりあえず、そんな愚痴を久しぶりに書き込んでみました。
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

最終更新から2ヶ月経ってしまった・・・

まだまだ書かなければならない事があるのに、 いろいろあって最終更新から2ヶ月経ってしまった。 まだ、忙しいので、すぐには新しい更新が出来ないが、 ネタは、溜まりに溜まっている。 何としても、これらの雑事を早く片付けて更新したいが・・・ 4月にならないとどうにもならないかも知れない・・・ と、言う事で、2ヶ月ぶりにこんな愚…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

新日本国家憲法草案

※項目をクリックすると、そのページに行きます。 全108条553項 第1章 日本 全1条10項 第2章 国民の責務と権利 全29条162項 第3章 君首天皇 全3条14項 第4章 公職者 全4条17項 第5章 国家議会(国会) 全7条50項 第6章 立法 全6条34項 第7章 裁判所 全7条41項 第8章 司法…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

第1章 日本

※項目をクリックすると、そのページに行きます。 全1条10項 第1条 日本 ①日本 ②国家元首 ③命主主義 ④法治主義 ⑤日本の領土 ⑥日本の年紀 ⑦公用言語 ⑧国旗 ⑨国歌 ⑩国義
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

第1条 日本

第1項 日本 国紀紀元前甲寅年(きのえとらのとし)、 神日本磐余彦尊(かむやまといわれひこのみこと)により敢行されし 豊葦原瑞穂国(とよあしはらみずほのくに)を統一するかつてない偉業は、 晴れて、国紀にして神武天皇元年、干支にして辛酉年春正月庚辰朔、 西紀にして紀元前660年2月11日の橿原宮(かしはらのみや)における 神日…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第2章 国民の責務と権利

※項目をクリックすると、そのページに行きます。 全29条162項 第2条 日本国民 ①日本国民 ②日本国民の定義 ③公権力による国籍剥奪の原則的禁止 ④多重国籍 第3条 首権者 ①首権者 ②首権者の定義 ③成人資格 ④前項補則 ⑤外国籍保有者の成人資格 ⑥多重国籍者の首権 ⑦投票内容の秘密の権利と…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

第2条 日本国民

第1項 日本国民 我が国において国民は、古来より国の宝、即ち大御宝(おおみたから)として敬われ、 その国民も又、国是たる和の精神に従い、大御宝としての誇りを以て国を支え、 その名誉を称え続けてきたのであって、 現在の全ての国民は、この歴史と伝統の末に自らが存在している事を尊重し、 大御宝たる誇りを以て、この歴史と伝統を絶やさぬ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

第3条 首権者

第1項 首権者 天皇主権、豪族主権、摂家主権、武家主権、国民主権と歴史を経た我が国の主権は、 現在、生命摂理における人の分を悟り、 その唯人主権の時代から、命主主義を国是とする生命主権の時代に至ったのであって、 全ての首権者は、その首権を己のためのみに行使せず、 まず、生命秩序並びに人間社会秩序の安寧のために、これを行使する責…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

第4条 基本的人権

第1項 基本的人権 我が国の主権下の全ての人は、 この憲法の定めるところにより、差別される事なく平等に扱われ、 且つ、生命秩序並びに人間社会秩序の安寧を前提として、個人として最大限に尊重される。 又、このために必要な享有の権利として、 我が国の主権下の全ての人には、基本的人権が保障される。 第2項 基本的人権の定義 基…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

第5条 基本的生活権

第1項 基本的生活権 統べからく生命は、全ての生命に存在する生存権を侵し合いながら、 自らの生存権を行使して生きており、 そうして成り立つ生命秩序において、我々人間は存在していられるのであって、 我が国の主権下の全ての人には、生命秩序の安寧に配慮する責務があり、 この生命秩序の安寧を前提として、 健康的且つ文化的な最低限度の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第6条 生命摂理と生命工学

第1項 生命工学 生命工学は、生命秩序の安寧 並びに人間の生命健康の維持のために必要なものとして確立されるものであり、 人間が生命摂理を支配するための学問ではなく、 生命摂理を知るための学問なのであって、 如何に生命工学を発展させ、その技術により、 生命の誕生又は進化 その他の本来人間が生命秩序の営みに任せてきた行為を …
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

第7条 納税義務並びに公費に関する情報開示請求権

第1項 納税の義務とその意義 人は、1人では生きられない存在であり、 自然界の恩恵によってその生存が可能となる事は言うまでもなく、 家族又は親友その他の互いを知り合う身近な協力者、 及び、互いに名も知らない多くの人々に支えられた社会機能の恩恵によって その生存が可能となっているのであって、 この生命秩序並びに人間社会秩序の維…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

第8条 財産権

第1項 私有財産権 我が国の主権下の全ての人には、私有財産権が保障される。 但し、統べからく財産権とは、人間社会秩序下においては、 独自に財貨を保有する事を認める保有権として認められるが、 生命秩序下においては優先的管理権なのであって、 長じて『地球は人間のもの』と言う傲慢な思想を許す権限ではなく、 そのような財産権は、如何…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

第9条 勤労の権利並びに自由

第1項 勤労の権利並びに自由 我が国の主権下の全ての人には、勤労の権利並びに自由が保障される。 又、これに付随する形で、全ての人には、勤労者の団結権並びに団体交渉権、 及び、労働条件改善請求権、及び、職業並びに労働内容選択の自由が保障される。 但し、これらの権利は、正当に契約された職務に対する怠慢を許すものとはなりえない。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第10条 子供を作り生む権利

第1項 当該条項の主旨 当該条項は、未だ生まれない命の人権を守るためのものである。 第2項 子供を作り生む権利 我が国の主権下の全ての人は、 原則的に自らの全面的責任において、子供を作り生む権利が保障され、 法律の定めるところにより、これを行使出来る。 第3項 子供を作り生む権利の停止 未成年者に対する虐待、若しく…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第11条 未成年者の保護に関する義務

第1項 親権者の責務 我が国の主権下において、同章第10条の『子供を作り生む権利』を行使した全ての人は、 この子供に関する全責任を負い、生まれた子供が最初に成人資格を得るまで、 この子供を保護する責務を全うしなければならない。 第2項 未成年者保護に関する救済並びに保護 我が国の主権下の全ての人は、保護義務を負う未成年者が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第12条 未成年者の教育に関する責務

第1項 普通教育の責務 全ての国民には、自らに保護義務がある未成年者について、 法律の定めるところにより、普通教育を無償で受けさせる責務を負う。 又、国並びに国定自治体は、 多種多様な子供の個性並びに意思を尊重した教育が行われるように 義務教育の環境を立法並びに行政両面で整える責務を負う。 但し、普通教育とは、国並びに国定自…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

第13条 見聞権、及び、学問並びに報道の自由

第1項 見聞権 我が国の主権下の全ての人には、公的機密を除く公の事柄、 及び、自らの事柄、及び、自らの家族に関する事柄の内、 家族として把握が必要な範囲の事柄について、この見聞権が保障される。 第2項 学問の自由 我が国の主権下の全ての人には、 この憲法に特別の定めがある場合を除いて、学問の自由が保障される。 なお、学…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

第14条 私的機密

第1項 私的機密保持の権利 我が国の主権下の全ての人には、私的機密保持の権利が保障される。 又、当該私的機密について、これを知る者に不当に口外され、 且つ、これにより名誉が傷付けられた場合は、 この侵害を行った者に対して、慰謝料を請求する事が出来る。 但し、学問又は報道の自由 その他の見聞権に関する権利並びに自由を保護する事…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

第15条 個性の自由

第1項 個性の自由 我が国の主権下の全ての人には、集会、結社、言論、出版その他の表現の自由、 及び、思想、良心、信仰その他の内面の自由、総じて個性の自由が保障される。 但し、個性の自由とは、表現並びに内面勝手の自由ではなく、 自らを自らの理性を以て律する責任を伴うものなのであって、 我が国の主権下の全ての人は、自ら表現した事柄…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more